分散ファイルシステム

図1

図2

分散ファイルシステムは
1、ファイルは異なるエリアのサーバーに保管される。
2、異なるエリアサーバーがお互いにファイルを複製する。
3、図2の構造は、例え岡山のファイルシステムがダウンしても、ユーザーの理由に影響がない。
4、ファイルサーバーの数は自由に増やすことができます。例え、アメリカン、大阪を追加することで、ファイルの安全はより強硬になる。弊社が世界17箇所にデーターセンターを設けている。お客様の要望に応じて、分散構築システムを構築する。


複製のほか、分散ファイルシステムは次のセキュリティ機能をもっている。
1、特定ファイル形式の保存を制限する。例え、実行形式のファイルのボロックするこができる。
2、USBでファイル抜きだすことを制限できる。
3、ファイルを一覧のみ、印刷不可を制御ができる。
4、閲覧、編集などのアクセス権限をユーザー別に細かく設定できる。